数学@ふたば[ホーム]


おなまえ
E-mail
題  名
コメント
添付File []
削除キー(記事の削除用。英数字で8文字以内)


画像ファイル名:1488831240047.jpg-(171305 B)サムネ表示
171305 B無題 Name 名無し 17/03/07(火)05:14:00 No.104810 del 6月12日頃消えます[返信]
虹裏で拾った

外側に行くほど点の密度が高くなるような螺旋の式にすれば直線状になったりもするのかな?
そもそも末尾1桁の値xの自然数がどういう分布になるのかが気になる
10進数以外の末尾1桁はどうなるのかとかね
別に大発見ではないのかな
無題 Name 名無し 17/03/09(木)14:18:36 No.104826 del
このまま続けると巻きつけの角度が円周方向に限りなく近づいていって
結局極めてランダムな分布になる気がする
無題 Name 名無し 17/03/10(金)01:28:16 No.104829 del
ランダムには
ならない
無題 Name 名無し 17/03/10(金)10:19:09 No.104831 del
この図の1京ぐらいまでのを見てみたい
無題 Name 名無し 17/03/12(日)18:09:20 No.104875 del
これウラムの螺旋の焼き増しじゃね?

画像ファイル名:1488843399339.jpg-(35957 B)サムネ表示
35957 B無題 Name 名無し 17/03/07(火)08:36:39 No.104812 del 6月12日頃消えます[返信]
TWILIGHT EXPRESS 瑞風、1泊2日料金ですが、

部屋代
一人分の食事代、
一人分の運賃+(特別)急行料金
はいくらでしょうか?

人数に関係なく一人分の食事代と運賃+急行料金は同額とします。
無題 Name 名無し 17/03/07(火)11:47:55 No.104814 del
知るかよ
無題 Name 名無し 17/03/07(火)17:12:52 No.104815 del
4つのコースすべてで途中2か所列車を離れての観光地散策があるため算出出来ません

画像ファイル名:1488557938846.jpg-(24859 B)サムネ表示
24859 B無題 Name 名無し 17/03/04(土)01:18:58 No.104787 del 6月09日頃消えます[返信]
本文無し
無題 Name 名無し 17/03/04(土)08:09:59 No.104791 del
書き込みをした人によって削除されました
無題 Name 名無し 17/03/05(日)19:11:23 No.104803 del
    1488708683559.png-(46537 B) サムネ表示
46537 B
image

画像ファイル名:1484617947077.jpg-(14459 B)サムネ表示
14459 B無題 Name 名無し 17/01/17(火)10:52:27 No.104418 del 4月24日頃消えます[返信]
現金100万円が入った箱Aと、1億円が入っている可能性がある箱Bがある。
箱を貰えば中身も貰えるが、箱Bの中は事前に確認は出来ない。
貴方に与えられた選択肢は2つ。
@箱Aと箱Bの両方を貰う
A箱Bのみ貰う
ただし、@と選ぶかAを選ぶかは予め予測されていて、その予測が外れた場合は箱Aも箱Bも貰えない
Aを選ぶと予測された場合は、箱Bには1億円が入れられるが@を選ぶと予測した場合は、箱Bは空。
【問題】
@とAのどちらを選べば最大の利益を得られるか。
レス64件省略。全て読むには返信ボタンを押してください。
無題 Name 名無し 17/02/25(土)16:18:13 No.104749 del
>通常の物理なら過去は一つだろうが、未来は一つとは証明されない。
日本語もおぼつかないカス
無題 Name 名無し 17/02/25(土)23:55:59 No.104751 del
>通常の物理なら過去は一つだろうが、未来は一つとは証明されない。
過去が一つなら未来も一つという可能性がある
過去が一つでないなら未来も一つではないと言う可能性がある
過去が一つで未来が一つでないとするその考えは何を根拠にしているのか
無題 Name 名無し 17/02/26(日)10:51:56 No.104752 del
もっと単純に考えるなら
最初に箱が見えないと仮定するならば

極端に小さい箱には1億円は入らない
と考えれば
残る大きい箱には1億円が入っていることになる

だから俺なら大きい箱だな
無題 Name 名無し 17/02/26(日)11:20:21 No.104753 del
>仮定するならば
まぁた違う問題にして勝手な答え出す輩が湧いてきやがった
無題 Name 名無し 17/02/26(日)17:12:48 No.104754 del
>最初に箱が見えないと仮定するならば
箱が見えないのになんで大小が分かるんだ?
無題 Name 名無し 17/02/26(日)19:42:35 No.104755 del
>極端に小さい箱には1億円は入らない
箱Bには1億円が入れられるが空って書いてある
この問題からサイズで判断できると解釈するのか
無題 Name 名無し 17/02/26(日)22:21:31 No.104756 del
>極端に小さい箱には1億円は入らない
極端に小さい箱とは書いてない
無題 Name 名無し 17/02/28(火)22:29:08 No.104757 del
    1488288548549.jpg-(65975 B) サムネ表示
65975 B
本文無し
無題 Name 名無し 17/03/03(金)09:54:54 No.104769 del
スレ画と設問は関係あるの?
なんか1億にも空にも見えないが
無題 Name スレ主 17/03/03(金)11:49:44 No.104773 del
>スレ画と設問は関係あるの?
関係ありません
前スレとの関連性を印象付ける為に同じ画を使っただけです

画像ファイル名:1482545088439.jpg-(14199 B)サムネ表示
14199 B無題 Name 名無し 16/12/24(土)11:04:48 No.104161 del 31日15:33頃消えます[返信]
ニューカムのパラドックス
http://tocana.jp/2016/12/post_11770_entry.html

超知的生命体が置いた、箱A、箱B、と2つの箱がテーブルの上にある。箱Aの中には、現金100万円が入っている。箱Bの中には、現金1億円が入っているか何も入っていないかのどちらかである。箱Bに1億円が入っているのかどうかを確かめるすべはない。あなたには次の2つの選択が与えられている。

・ 箱Aと箱Bの両方の箱をもらう。
・ 箱Bのみをもらう。

 普通に考えれば誰もが両方の箱をもらうだろうが、前提として、箱を置いた超知的生命体は未来を予測することができて、あなたが両方の箱を選ぶと予測した場合は箱Bには何も入れず、箱Bのみを選ぶと予測した場合は箱Bに1億円を入れておく。はたして、どちらの箱を選べば最大の利益を得られるだろうか?
レス60件省略。全て読むには返信ボタンを押してください。
無題 Name 名無し 17/01/11(水)21:56:37 No.104390 del
スレッドを立てた人によって削除されました
無題 Name 名無し 17/01/11(水)23:55:56 No.104391 del
>予測が100%当たるという事は、未来は決まっていて変える事が出来ないという事を意味する
未来の全てを映画を観る様に予測するのであればそうだろうが
設問では「予測できる」としか表現されていない
つまりピンポイントで右か左かを知る程度であって何が起こるかを克明に知る能力ではない
無題 Name 名無し 17/02/04(土)05:22:20 No.104517 del
スレッドを立てた人によって削除されました
無題 Name 名無し 17/02/04(土)09:33:07 No.104518 del
>選んだものは予測されてる
これがこの問題の肝だよね
それを「そんな事ありえない」とか言ってる事こそ意味が無い
無題 Name No.104518 17/02/04(土)09:34:17 No.104519 del
>予測できるではなく未来を知っているなら
これも同感
無題 Name 名無し 17/02/25(土)13:33:49 No.104744 del
書き込みをした人によって削除されました
無題 Name 名無し 17/02/25(土)13:35:18 No.104745 del
予測が当たった未来と
予測が当たらなかった未来が
一堂に会するとか
ぶっちゃけありえない

否定が否定でなくなったそのとき数学は

一方一堂に会さない未来とか
数える意味とか数える手段とかある?
無題 Name 名無し 17/02/25(土)15:28:16 No.104746 del
別の未来として進んでいけば単なる直積集合の部分なんだから矛盾しないじゃないか。
無題 Name 名無し 17/02/25(土)16:15:30 No.104747 del
>別の未来として進んでいけば単なる直積集合の部分なんだから矛盾しないじゃないか。
別の未来にも進んでいけて体感ができるならそういう事になるだろうな
無題 Name 名無し 17/02/25(土)16:52:52 No.104750 del
別の未来の情報(確率上の話でなく、確定情報)を持ち帰るような芸当が
因果的な範囲のしくみで実現されたとすれば、
情報を持ち帰った時点でそれは実は
現在に無矛盾に連なる過去の一部な
んやないやろうか…

画像ファイル名:1485705875126.jpg-(32465 B)サムネ表示
32465 B無題 Name 名無し 17/01/30(月)01:04:35 No.104487 del 5月07日頃消えます[返信]
300円で仕入れて500円で売るはずだったものを紛失しました。
損したのはいくらですか
レス97件省略。全て読むには返信ボタンを押してください。
無題 Name 名無し 17/02/16(木)13:23:37 No.104714 del
>訴えを起こすことはできるけど特約結んでないと認められるとはちょっと思えない
>おとなしく輸送保険をつけとけという案件
それと請求できるってのは別の問題
無題 Name 名無し 17/02/16(木)17:38:44 No.104717 del
>それと請求できるってのは別の問題
数学の問題なの?
無題 Name 名無し 17/02/16(木)17:50:42 No.104718 del
>数学の問題なの?
考えて分からなかったらまた質問しなさい
無題 Name 名無し 17/02/16(木)23:40:37 No.104719 del
>訴えを起こすことはできるけど特約結んでないと認められるとはちょっと思えない
訴えを起こすことはできるって話まではあったけど認められるとは誰も言ってない
そういう早とちりと言うか先走りは会話を途切れさせるので注意した方が良い
無題 Name 名無し 17/02/17(金)12:24:28 No.104720 del
それを途切れるとするなら賠償金請求のレスからここまでの流れは何なの?
無題 Name 名無し 17/02/17(金)14:54:50 No.104721 del
>それを途切れるとするなら賠償金請求のレスからここまでの流れは何なの?
数学の問題なの?ん?
無題 Name 名無し 17/02/17(金)19:04:59 No.104722 del
>No.104709
俺の負けだよ、マイッタ、もう苛めないでね
無題 Name 名無し 17/02/18(土)13:11:48 No.104723 del
たとえ一時でも勝てると思ってたのか…
無題 Name 名無し 17/02/18(土)14:28:32 No.104724 del
>俺の負けだよ、マイッタ、もう苛めないでね
馬鹿が調子に乗ってんじゃねーよ、クズw
無題 Name 名無し 17/02/18(土)15:43:15 No.104725 del
>馬鹿が調子に乗ってんじゃねーよ、クズw
(´_ゝ`)

画像ファイル名:1486052676821.jpg-(16328 B)サムネ表示
16328 B無題 Name 名無し 17/02/03(金)01:24:36 No.104511 del 5月11日頃消えます[返信]
清水義夫『圏論による論理学』を魔が差して読んだりする
トポスを使って何でも記述できたら面白い
という動機は分かるし確かに面白かろうというのは分かるが
lambda higher order logic(λ-h.o.l.)って言われても
こういう言い回し余所で見たことないので
読んでてどんどん不安になってきたぞ俺
レス114件省略。全て読むには返信ボタンを押してください。
無題 Name 名無し 17/03/03(金)20:30:14 No.104779 del
しばらくご無沙汰してましてもうちょっと普通の論理学の本を引っ張り出して読み返してました
(野矢茂樹『論理学』はおもしろ読本だが面白く読みやすく流れも見やすいと思う)
そうしたらやはりいろいろ見えて来るものがあったのでメモも兼ねて書いていきます
申し訳ないとは思いますが乗り掛かった舟なので
無題 Name 名無し 17/03/03(金)20:31:33 No.104780 del
基本的に「野矢本を先に読み返すべきだったし論理学から数学への主な流れの理解は野矢本でいい」のだが
その上で「圏論・トポスの位置づけをどうしても行いたい人は清水本を読むといい」ということのようだ
気をつけるべきなのはやはり「集合は基礎づけとしては圏やトポスの前提にある」と考えるべきだし
「論理とその拡張である(一階に限らず広義の)述語論理がλ-h.o.l.の前提にある」ということだった
無題 Name 名無し 17/03/03(金)20:36:00 No.104781 del
清水本では従来の論理学・数学は「公理的集合論→論理∨数学」であるが
「圏→トポス→λ.h.o.l.→論理∨数学∨『自然言語』」で
トポスが公理的集合論より前提であるという話だった

一方野矢本では「(公理的集合論の制約下の∨有限の)集合→論理→述語論理」
「述語論理は一階述語論理(論理学の正統の方向)∨高階述語論理(数学の方向)に二分される」
「高階述語論理はベキ集合(集合の集合)と同一のものである」
「高階述語論理=ベキ集合→ラッセルのパラドクス(自己否定的な自己言及文による矛盾)∨数学」
「ラッセルのパラドクス∧数学→形式主義→公理的集合論(歴史的見地に限って言うと)」となる

野矢本に準拠して清水本を素直に統合すると
「公理的集合論→『圏論→トポス』→論理→述語論理→高階述語論理→『λ.h.o.l.(+α)→数学∨自然言語』」
というのにおそらくなる(大分前のレスとやや違うしこの通りに教育・勉強するの骨が折れると思うけど)
無題 Name 名無し 17/03/03(金)20:38:45 No.104782 del
おそらく清水本としてはλ-h.o.l.がメタ論理(論理の再定式化)として使えたもんで
メタ論理としてのλ-h.o.l.をうっかり論理の前提そのものにしちゃったのかもしれないが
野矢本では「メタ論理は論理の再定式化による検証の道具だから論理が先」ということなので
そこは清水本で気を付けねばならないポイントだと見える

逆に野矢本は公理的集合論の歴史を追うにはいいが
基礎づけを追うのなら清水本の「公理的集合論→論理∨数学」という理解の方が使い勝手は良い

また清水本のλ-h.o.l.のメリットとして自然言語的言明が扱えることがあるのでそこは高く評価したい
でもより幅広く扱えるからってより前提であるということは別に保証されないのだということは気を付けたい
両者を読み比べた後に思ったことはだいたいそんなとこです
無題 Name 名無し 17/03/03(金)23:04:17 No.104783 del
パソコンで書いたがやはり読み返すと長いな
最重要箇所を一行にまとめると
>「公理的集合論→『圏論→トポス』→論理→述語論理→高階述語論理→『λ.h.o.l.(+α)→数学∨自然言語』」
になります
無題 Name 名無し 17/03/09(木)14:45:10 No.104827 del
論理ってなんだろうって興味からこの本読んだなあ
トポスの任意の対象によるスライスはトポスってところに普遍論理(?)を見出してるのがよくわからなかった
おそらく論理哲学的な話で具体例があればなるほどと思えるのだけど
間を繋いで理解できるような書籍は無いだろうか
無題 Name 名無し 17/03/09(木)20:31:32 No.104828 del
>トポスの任意の対象によるスライスはトポスってところに普遍論理(?)を見出してるのがよくわからなかった
多分形式主義の「論理とメタ論理で挙動が少し違う」というのが
清水氏にはしっくりこないということだと思うのですよね
でもこの本トポスではスライスとトポス(トポスとメタトポスの代わり)は同じ風に扱えるとはいうけど
ラムダ計算関数型高階述語論理はそうは書いてないじゃないですか
だからλ-h.o.l.ではやはりメタλ-h.o.l.はλ-h.o.l.とは挙動が違うんじゃないかな(証明してないんでわからないけど)
トポスでできるからってλ-h.o.lでできるとは言えないし
ましてやその発展である数学や自然言語でできるとも言えないということなんだろうな
そこはダメだろうと今では思う
無題 Name 名無し 17/03/11(土)19:14:56 No.104840 del
論理とメタ論理はとりあえず分けるというのが
ヒルベルトたち形式主義者の工夫だったんだけど
清水氏の数学観では主義が違うのかもしれん
無題 Name 名無し 17/03/14(火)22:52:28 No.104905 del
スレの本だと対象=型Aを固定した時C↓Aがメタ論理に対応してるってこと?
直感的には全然そんな気がしない…
無題 Name 名無し 17/03/15(水)17:49:27 No.104926 del
トポスはスライスしても基本構造は変わらんから
そこが強みということを言いたいのだと思うが
俺もそこは正直あまり有り難みがわからない

画像ファイル名:1485433714364.jpg-(55043 B)サムネ表示
55043 B無題 Name 名無し 17/01/26(木)21:28:34 No.104477 del 5月04日頃消えます[返信]
f(x)=f(x-1)×53+126とする。
x=314の時、f(x)の値はいくつか?
無題 Name 名無し 17/01/26(木)22:13:38 No.104478 del
f(0)かf(1)の初期値を定義してないと答えは出ないと思うけど?
無題 Name 名無し 17/01/26(木)22:34:43 No.104480 del
>f(0)かf(1)の初期値を定義してないと答えは出ないと思うけど?
入れ忘れてた……死にたい
f(0)=30で
無題 Name 名無し 17/01/27(金)00:43:48 No.104481 del
f(x)=30*53^x+126(53^x-1)/52

f(314)≒85.8*10^541かな
無題 Name 名無し 17/02/01(水)16:38:20 No.104498 del
合成関数だっけ
高校の宿題?
無題 Name 名無し 17/02/05(日)00:34:22 No.104524 del
死んだの?
無題 Name 名無し 17/02/10(金)18:30:15 No.104625 del
ただの数列ですやん
しかも高校レベルの

サイン波の合成結果について Name 名無し 17/01/23(月)22:05:16 No.104459 del 5月01日頃消えます[返信]
sinX+sin2X/2+sin3X/3+sin4X/4+sin5X/5+...が鋸歯状波、
sinX+sin3X/3+sin5X/5+sin7X/7+sin9X/9+...が方形波、
sinX-sin3X/3^2+sin5X/5^2-sin7X/7^2+sin9X/9^2-...が三角波、
というあたりはよく知られていますが、
sinX+sin3X/3^2+sin5X/5^2+sin7X/7^2+sin9X/9^2+...の波形には
名前はついているのでしょうか。
レス7件省略。全て読むには返信ボタンを押してください。
無題 Name 名無し 17/01/26(木)20:34:40 No.104476 del
wlframAlphaで半円を三角関数に分解しようとしたら、断られたよw
なんとかだまして近似式でも作れないモンか。
無題 Name 名無し 17/01/26(木)22:26:03 No.104479 del
フーリエ変換するだけじゃないか?
無題 Name 名無し 17/01/27(金)01:14:41 No.104482 del
だから、フーリエ変換できませんと断られた。
無題 Name 名無し 17/01/28(土)02:12:43 No.104484 del
で、どこまで半円に近づくことができるん?
無題 Name 名無し 17/01/29(日)11:10:57 No.104485 del
    1485655857974.png-(33089 B) サムネ表示
33089 B
とりあえず256次まで算入してみた。
青がsin(x)、水色が波高を調整した半円、茶色が質問の波形。
無題 Name 名無し 17/01/29(日)11:42:56 No.104486 del
質問波と方形波とを適当な比率で合成してみたけど、立ち上がりは急になっても
中間でやはり半円波に追い越される。
方形波の比率を増すと、どんどんカクカクになってしまう。
無題 Name 名無し 17/01/30(月)21:19:45 No.104491 del
そういや半円波形ってどんな音がするんだろう
無題 Name 名無し 17/01/30(月)21:47:55 No.104492 del
    1485780475274.png-(299206 B) サムネ表示
299206 B
青:sin(x)
水色:半円
赤茶:(sinX+sin3X/3^2+sin5X/5^2+...)*1.091
黄緑:(sinX+sin3X/3^1.62+sin5X/5^1.62+...)*1.137

かなり近くなったけど、合わないわ。

半円波作って、WaveSpectraにかけてみたら、どうも奇数次のみ含まれるっぽい。
減衰比も、方形波と三角波もどきの中間的な感じ。
だけど合わない……
無題 Name 名無し 17/01/30(月)21:58:59 No.104493 del
> 半円波形ってどんな音
三角に方形の雰囲気が入った感じでしたよ。

サイン〜三角(≒質問波)〜半円〜方形、と順に変化する感じ。
サインは、ひたすら丸くてソフトで掴みどころがないイメージ。
方形は、いわゆるデジタルなbeep音。

鋸歯状波だけは、スピーカが割れたようなガサツなやつ。
無題 Name 名無し 17/01/30(月)22:03:16 No.104494 del
急な立ち上がり部分があるから、そうなのでしょうなあ
でも面白そうな音だ

画像ファイル名:1483216381374.jpg-(32616 B)サムネ表示
32616 B無題 Name 名無し 17/01/01(日)05:33:01 No.104268 del 4月08日頃消えます[返信]
受験テクに毒されるとガロア理論みたいな非構成的な理論や証明が理解できなくてコンプレックスとなるのだな

逆に最近なんか微妙な経歴の人が出したガロア理論の本がやたら増えてきた
レス6件省略。全て読むには返信ボタンを押してください。
無題 Name 名無し 17/01/09(月)01:55:05 No.104353 del
グロタンディークによるガロア理論の再解釈ぐらいじゃないと現代的とは思えないわな
無題 Name 名無し 17/01/11(水)09:52:44 No.104385 del
単に現代の主流の教え方がわかりにくいだけだろ。
主流が駄目なら経歴がどうでも分かりやすく再構成すれば良いんじゃ無いのか?

なぜその考えが必要なのかが分かるだけで学習に対する意欲は全く違うしな。
無題 Name 名無し 17/01/15(日)13:43:35 No.104410 del
現代的といってもな、数学の現代的という修辞はいろいろな定義があって一貫していない。

数学のプロがよく使っていた主観的定義では、「自分自身(数学者)が学生の時に既に知られていた数学的事実」を古典といい、プロになってからを現代と言うものがあった。これも学生時代に「教科書に載っていたレベル」を境にするものもあった。
この定義は同時代の学者の間では概ね範囲が共有されるので不便はないが、一般や他分野とはかけ離れるし、世代や国別カリキュラムによっても差が広がる。

他には、集合論以前と以後で分けるもの(1870年〜1880年あたりが境目)、先の人が言うようにエレンバーグらの新代数の出現(これも1950年〜1960年あたりが境界)で分ける圏論的なものがある。
無題 Name 名無し 17/01/15(日)13:45:48 No.104411 del
>なぜその考えが必要なのかが分かるだけで学習に対する意欲は全く違うしな。
普通はそれも教えるんだがなぁ。
無題 Name 名無し 17/01/15(日)16:26:05 No.104412 del
>グロタンディークによるガロア理論の再解釈ぐらいじゃないと現代的とは思えないわな
つっても、そんなものは単なる表現の書き換え、物の言い方の違いという程度のものなんだがな。
無題 Name 名無し 17/01/16(月)21:59:42 No.104415 del
>つっても、そんなものは単なる表現の書き換え、物の言い方の違いという程度のものなんだがな。

http://may.2chan.net/b/res/459150950.htm
>数学者を装って詐欺師になるとするよという時あるとするじゃん
>これは例えばね まあ実際にやりますよという奴がこんなところにいるなんて
>誰も思わないだろうけど
>それで数学者を装うには最低これ言っとけばいいってどんな言葉あるかなって聞きたくて

おまえこのスレ立てた?
無題 Name 名無し 17/01/16(月)22:16:18 No.104416 del
>受験テク
数学で定規禁止だとは今朝まで知らなかった
無題 Name 名無し 17/01/17(火)00:48:31 No.104417 del
>>受験テク
>数学で定規禁止だとは今朝まで知らなかった
計算尺みたいな使い方はともかく作図解法もダメなのか?
無題 Name 名無し 17/01/21(土)22:32:34 No.104452 del
定規が必要な試験もあるし、事前の出題の方針次第だな。
無題 Name 名無し 17/01/21(土)22:32:58 No.104453 del
>おまえこのスレ立てた?
いや?立ててないが。

【記事削除】[画像だけ消す]
削除キー
[0] [1] [2] [3

- GazouBBS + futaba-