数学@ふたば[ホーム]


[掲示板に戻る]
レス送信モード
おなまえ
E-mail
題  名
コメント
添付File []
削除キー(記事の削除用。英数字で8文字以内)


画像ファイル名:1489723241662.jpg-(50359 B)サムネ表示
50359 B無題 Name 名無し 17/03/17(金)13:00:41 No.104964 del 6月22日頃消えます
数学板の住人ならできるよね
1+1=2を証明してみて
無題 Name 名無し 17/03/17(金)14:02:26 No.104965 del
スレヌシは数学板住人じゃないの?ちゃんちゃん♪
無題 Name 名無し 17/03/17(金)23:01:56 No.104969 del
1(+1)は定義です
無題 Name 名無し 17/03/18(土)13:02:50 No.104974 del
これの元ネタ1+1=2が解らない小学生は「ひとつ」と言う概念が解らなかったんだとおもう。
それなのに周りはキーって発狂しながら足し算の説明しかしなかったんでどつぼにはまったんだろね。
無題 Name 名無し 17/03/18(土)14:29:49 No.104975 del
しかし1+1=2が理解できないのにこの元ネタの人はなんで強迫神経症になったと理解できたんだろうかな?
無題 Name 名無し 17/03/19(日)09:35:53 No.104991 del
しかし、小学校の教科書道理の指導なら、いきなり形式の「1+1=…」というところから始めないはずなんだが、教師は常識として省略したんだな。
仮に説明していたところで理解できたかどうか分からないが。
しかしこの漫画家の人は今は一応理解してるんだろ?だったら別にいいじゃないの。
無題 Name 名無し 17/03/19(日)09:47:17 No.104992 del
ま、この漫画は作り話の可能性もあるが。
一応、ピダハン語の実例があるから、recursionのない言語概念というのもありえないこともない。
現代人からすればかなり不便だけどね。
ピダハン語はチョムスキー体系言語の常識に反した言語として批判の対象となったが、recursionがないから、自然数の概念もない。
一応は一個と二個までは分けて考えているようだが、「数」の概念としてではなく行為の結果でしか認識していない。
無題 Name 名無し 17/03/19(日)09:58:11 No.104993 del
そして、ピダハン語は「見たものを見たまま表現する」という発想なので、抽象表現もない(或いは非常に弱い)。
しかし自分達の生活環境にある動植物や物質などの名称や場所という数百・数千の単語とその経路(そこに至る手順)をまるごと記憶していてそれを伝えあっている。
これは京大のチンパンジーのアイちゃんの研究結果と重ね合わせると、言語獲得以前の類人猿の思考過程に近いんだな。
機械のように見たもの聞いたものを記憶して、それを想起再現できる。しかし、体験以上の範囲に意識を飛ばすことができない。
言語は対象を特徴(内部表現)で類別して、認識することが出来ると同時に、「それ以外」ということも考えることが出来る。
「抽象化・否定・再帰性」ということをある程度明白に幼少の数年という環境のなかでほとんどの人間は認知発達の過程で習得してしまうという事がチンパンジーなどと異なる部分だね。
無題 Name 名無し 17/03/19(日)10:05:29 No.104994 del
この元ネタの漫画でも、主人公はパズルなどの図形的センスはあったようだから、逆に言語機能のうちで形式表現に関わる先のrecursionの概念と対応表現が未獲得(未分化)だった。

とはいっても、小学校の先生にそういうごく一部の児童を見抜いて指導しろと言っても無茶振りだろうね。
無題 Name 名無し 17/03/19(日)19:55:02 No.105005 del
俺、加法定理を初めて見たときはこんな感じだった
無題 Name 名無し 17/03/19(日)20:10:59 No.105006 del
こっちのリンゴとこっちのリンゴはみんな違ってみんないい
だったらもっとやばかったね
無題 Name 名無し 17/03/22(水)03:48:28 No.105030 del
×:1+1=2
◎:1+1=2

【記事削除】[画像だけ消す]
削除キー
- GazouBBS + futaba-